Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

木の実

Nuts
Nuts
Paula Gerritsen (2006/02/16)
Front Street Pr
この商品の詳細を見る

木の実/Nuts
イラストレーター: Paula Gerritsen/パウラ・ヘリッツェン
メイン画材:パステル

1956年オランダ生まれのPaula Gerritsenは、チャイルドサイコロジーを学び、1988年より心理学のアシスタントとして働くも、1994年より絵本制作を始める。イラストが好きだった彼女にとって子供のための絵本制作は、心理学とイラストと言う2つのやりたいことをひとつの作業で出来る完璧な仕事だと言う。

ねずみさんは小さな丘に住んでいた。景色は綺麗な場所だけど、大好きな木の実の木はとてもとてもとっても遠い場所にある。「秋だから、木の実を集めなくちゃ!」コートを着てマフラーを巻いてねずみさんはお出かけだ。そこへカモメが来て言った、「嵐が来るから、お家に帰りなよ」。でも風が強くてうるさくて、ねずみさんには聞こえない・・・アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。無駄足を踏むことになるねずみさんには灯台下暗しなエンディングが待っています。

「ナッツ」とは英語で木の実などの果実や種子のことですが、悪い意味でちょっとクレイジーな出来事や人のことも指す言葉。結果、日本人の名前で「ナツ」の入っている名前の人はからかわれることが多いようです。どんな意味の名前であろうとも聞こえた音で判断されたらどうにもなりません。

私の名前もスペイン語では「お尻」だとか、英語のスラングでは「クレイジー」だとか「頭軽い」の発音に似ています。学生の頃、授業初日の点呼ではクラスがザワザワとしたものですが、どんな発音で呼ばれようとも、間違えていようとも、からかわれようとも、訂正をせずにきちんとお返事をします。だって面倒くさいんだもの。「名は体を表す」と言いますから、私はきっとお尻のように頭が軽いのでしょう。何だか解りませんが、それで良し。

スポンサーサイト


追記を読む

2013-10-18(Fri) 06:53| - 故郷/スウィートホーム| トラックバック(-)| コメント(-)

すてきな子どもたち

Roxaboxen
Roxaboxen
(2004/04/13)
Alice McLerran
商品詳細を見る

すてきな子どもたち/Roxaboxen
イラストレーター:Barbara Cooney/バーバラ・クーニー
メイン画材:アクリル、プリズマカラー(色鉛筆)

以前「ルピナスさん―小さなおばあさんのお話/Miss Rumphius」で紹介したBarbara Cooneyは、1917年にブルックリンのボサート・ホテルで双子の一人として生まれる。バーバラはスミス大学にて美術史を専攻、1938年に卒業。 エッチングとスクラッチボード、ペンとインクなどの画法を経て、コラージュ、水彩、アクリル絵具等を使用、その後はシルクキャンバスと混合技法に。 スミス大学在学中に作った自身の作品集はとてもカラフルなものだったのに、編集者にモノクロでイラストを描くほうが良いとアドバイスをされ、北斎とビアズリーの作品を参考にしたそう。

その場所をマリアンはロクサボクセンって呼ぶの(マリアンは全てのものの名前を知ってる)。道路の向こう側の石ころだらけの丘は、石と砂と古い木の箱とトゲトゲの木以外は何も無いけど、とっても特別な場所。そこにはもちろんマリアンの姉妹もやって来る。アナメイ、フランシス、そしてリトルジーン。チャールズはお隣さん、彼は12歳だけどね。他にもたくさんのお友達がいたけど、もちろんマリアンたちがロクサボクセンを一番に見つけたんだ。まあ、一番の一番じゃないけどね、だってロクサボクセンはずっと前からそこにあったから、随分前には他の誰かの場所だったに違いないんだ。ある日、マリアンが小石の詰まったブリキの箱を見つけた。みんなはすぐに分かったんだ、それは埋められた宝箱だってね。この小石はロクサボクセンの通貨。ロクサボクセンの丘は子供達の町になる・・・アメリカの対象年齢は4歳以上。

アメリカ、アリゾナ州のユマにあったと言うロクサボクセンの丘の思い出話。マリアンの子供はロクサボクセンのお話を聞きながら眠り、チャールズは海辺の小石を見てはロクサボクセンを思い出します。そして50年後、再びロクサボクセンを訪れたフランシスには、あの頃にあったはずのいろいろなものをまだその心に見ることが出来ます。

何も無い丘での楽しいごっこ遊びの挿絵はとても大変で、バーバラは2度も砂漠を訪れ、作家の叔母フランシスの思い出に助けられ描き終えたとか。

記憶は心の中に、思い出は永遠に・・・とはいかず、いずれ人は死なねばならず、思い出はその人と共に消えてしまいます。地球がある限りは場所だけが残り、いつか思い出す人のいなくなったその場所にまた誰かの思い出。楽しい思い出、悲しい思い出、君の思い出、私の思い出、やがて消えて無くなる儚きものよ。

Barbara Cooney, 1917-2000:
She Created Many Popular Books for Children


追記を読む

2013-04-05(Fri) 13:48| - 故郷/スウィートホーム| トラックバック(-)| コメント(-)

ホーム スイート ホーム

Home Sweet Home
Home Sweet Home
(1997/05)
Jean Marzollo
商品詳細を見る

ホーム スイート ホーム/Home Sweet Home
イラストレーター:Ashley Wolff/アシュリー・ウォルフ
メイン画材:リノカット

1979年にロードアイランド スクール オブ デザインを卒業したAshley Wolffは、アート ディレクターとして新聞社に勤める。1983年からフリーのイラストレーターとして活躍し始めた彼女は、1984年に初めての絵本を制作、出版。

一匹一匹、すべての蜂を称えよう。一本一本、すべてのお花と木、ひとつひとつ空に浮かぶすべての雲、一本一本すべてのライ麦・・・すべての川と、すべての月光、すべての誕生を称えよう。地球と言う私たちの故郷。アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。ハウスは建物としてのお家。ホームは故郷や家庭、自分が帰る場所です。

地球への感謝の絵本。「Bless」と言う言葉がたくさん登場します。「Bless」とは、祝福、恩恵、加護、賛美、感謝などの意味。キリスト系の宗教信者が多いアメリカでは、誰かがくしゃみをすると、それが何処であろうとも、近くにいる知らない人たちが「God bless you!」と口々に声をかけてきます。びっくりせずに「Thank you」と答えましょう。

追記を読む

2012-11-01(Thu) 00:00| - 故郷/スウィートホーム| トラックバック(-)| コメント(-)

チェスター/チャッピィの家

Chester
Chester
(2007/09/20)
Ayano Imai
商品詳細を見る

チェスター/チャッピィの家/Chester
イラストレーター:Imai ayano/今井彩乃/いまいあやの
メイン画材:水彩、色鉛筆

1980年イギリス生まれで、イギリスとアメリカと日本で育った今井彩乃さんは、武蔵野美術大学出身。2003年、2004年、2005年、2006年、そして2009年にボローニャ国際絵本原画展入選。彼女の初めての絵本は2006年出版の「The 108th Sheep」。「The 108th Sheep」は、2003年ボローニャ展入選作品。現在、今井さんは千葉県在住。

チェスターは3人家族と住んでる。以前はとってもハッピーだったんだけど、最近みんなは仕事や学校が忙しい。だからチェスターにはかまっていられないんだ。チェスターはいなくてもいいのかな、みんなチェスターの事を好きじゃないのかな。ある日、みんながチェスターのお散歩を忘れた!しかもお散歩を忘れたのはこれが最初じゃないんだ!「もっといい暮らしが他の場所にあるんじゃないだろうか」と、チェスターは考えた。「僕は僕のことを忘れない我が家がほしい!」傷ついた心を抱えて、チェスターは住む場所を探すために旅に出た…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

チェスターは、2006年ボローニャ展での入選作品で、当時の名前は「チャッピイ」。同年、日本各地でのボローニャ国際絵本原画展では、とぼけたチェスター/チャッピイのオブジェやポストカードが大人気でした。今井彩乃さんの絵本は英語とドイツ語で楽しめますが、日本語での出版はまだありません。ものすごく残念。

*2009年9月14日追記:2009年9月26日に、今井彩乃さんの日本語イソップ絵本「いなかのネズミとまちのネズミ」が発売になります。

*2012年9月22日追記:2009年3月18日に紹介した絵本ですが、2010年8月1日、本人による日本語訳「チャッピィの家」の出版に伴いタイトルを変更。

追記を読む

2009-03-18(Wed) 08:38| - 故郷/スウィートホーム| トラックバック(-)| コメント(-)

夢の街

Dream Town
Dream Town
(2006/03)
Michelle Markel
商品詳細を見る

夢の街/Dream Town
イラストレーター:Rick Reese/リック リース
メイン画材:水彩、色鉛筆

1972年、ロングビーチ、カリフォルニア生まれのRICK REESEは、現在ハンティントン ビーチ在住。コミックブックのイラストレーションや工業デザイナーを経て、現在は絵本のイラストレーターやCSULBの教授も勤める。

僕が雪靴を履いている途中、おばあちゃんがおばあちゃんの出身地を教えてくれた。でも僕は信じなかったんだ。僕はおばあちゃんに訊く、「子供の頃、雪で遊んだ?」、「雪は無かったのよ。」とおばあちゃん。「秋はどうなの?紅葉はある?」、「無いわね。」とおばあちゃん。「そんなのつまんないね。」と僕が言うと、「私は夢の街に住んでいたのよ。魔女のお家やお城があって、巨人を訪ねたり、巨大ドーナツに、巨大ホットドッグ…」アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。LAのあちらこちらにある巨大ドーナツ看板は、惚れ惚れと大きいです。

おばあちゃんが住んでいたのは「ロスアンゼルス」、語源はスペイン語。「ロス エンジェルス」と発音して、「天使たちの街」とも言います。スペイン語の「ロス」は、英語の「THE」の複数形。したがってアメリカ人は、日本人のように「ロス」とは言わず、「LA:エルエー」と呼びます。

学校のクラスで一番楽しかったのが彼のクラス。その時に描いていたこの絵本は、アメリカの絵本としてはものすごく短い期間で制作していました。彼は確か…イラストレーターで描いていたと思ったんだけど、あれは下絵だったのかな。

追記を読む

2007-08-30(Thu) 00:43| - 故郷/スウィートホーム| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko
    アメリカ在住

    Color My Art by Ikuko

    リンクへの追加は報告不要です

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。