Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夜をつけよう

Switch on the Night

Switch on the Night
(2004/09/14)
Ray Bradbury
商品詳細を見る

夜をつけよう/Switch On The Night
イラストレーター:Leo and Diane Dillon/The Dillons/ディロン夫妻
メイン画材:パステル

以前「魔法使いの弟子/The Sorcerer's Apprentice」、「ポーセリンの猫/The Porcelain Cat」で紹介したLeo Dillon and Diane Dillon。両者共に1933年アメリカ生まれ、Parsons The New School for Designで学ぶ。在学中も卒業後も結婚してからも仕事上ではライバルでしたが、競い合うのを回避するために共同作業をすることに。コールデコットメダル連続受賞を始めとする数々の賞を受賞。いくつもの違うスタイルのイラストを描くのに、どのイラストを見ても「これはDillonsの絵」と見分けられる不思議。「The Dillons」とはLeo DillonとDiane Dillonの夫妻が共同作業をする時の愛称。彼らのイラストレーションは、額装された6.5インチx9インチのアクリル画が1万8000ドル、約140万円ほどで手に入れることが出来ます。

あるところに男の子がいました。彼は夜が嫌いで、ランタンやランプが好き、トーチやロウソクが好き、かがり火や焚き火が好き、懐中電灯や照明が好き。でも、夜は嫌い。だから夜には出かけない。彼は電気のスイッチが大嫌い、だってスイッチとは明りを消すものだから。だからスイッチには触らない。暗くなったら出かけない。だから彼はいつもひとりぼっち。彼が好きなのは太陽だけ。ある夜、お父さんはお出かけ、お母さんはもうベッドの中。男の子は家中の電気を点けたものの、やっぱりひとりぼっち。その時、窓や網戸やポーチを何か暗いものがノックします、「こんにちは!」「私の名前は暗闇。君はひとりぼっちね。」と小さな女の子。「僕だって皆と外で走り回りたいよ。でもね、夜は嫌いなんだよ。」と男の子。「私が夜を紹介してあげる。きっとお友達になれるわ。スイッチとは明りを消すものじゃないのよ、夜をつけるものなの・・・」アメリカの対象年齢は4歳または6歳以上、日本の対象年齢は乳幼児または4歳以上。レイ・ブラッドベリ原作。夜を怖がる子供のお話。夜をつけると言う発想の転換で、見えていなかったものが見えるようになります。

多面的、数学的、空間のねじれやフラクタルな夜の世界がエッシャー作品へのオマージュとなっているこの絵本の扉には、ディロン夫妻からエッシャーへの献辞が記されています。エッシャーと言えば「M.C. Escher」ですが、ディロン夫妻は「E.M. Escher」と表記。何冊か本を調べたのですが、そのような記述は見つからず。ネット上では確かに「M.C. Escher」を「E.M. Escher」と表記する人々が少数ながら存在しています。ご存知でしたらば是非ご一報を。

2012年5月29日にレオ・ディロンは79歳で、2012年6月5日にレイ・ブラッドベリは91歳で亡くなりました。寂しい限りです。

L+D Dillon

The Art of Leo and Diane Dillon

スポンサーサイト


追記を読む

2012-06-22(Fri) 02:35| - 夜/お月さま| トラックバック(-)| コメント(-)

なみだどろぼう

The Tear Thief
The Tear Thief
(2007/09/30)
Carol Ann Duffy Nicoletta Ceccoli
商品詳細を見る

なみだどろぼう/The Tear Thief
イラストレーター:Nicoletta Ceccoli/ニコレッタ チェッコリィ/チェッコーリ
メイン画材:アクリル

以前「暗闇の消防士/Firefighters In The Dark」で紹介したNicoletta Ceccoliは、サンマリノ在住。1973年生まれの彼女はState Institute of Art in Urbinoを卒業し、2006年にはソサエティ オブ イラストレーターズ NYで銀賞を受賞。Nicoletta Ceccoliの12インチx24インチや11インチx21インチ程の水彩原画は、US2000ドル。2007年ボローニャ入選作品の15x19インチのリトグラフは、US400ドルの値段がつけられています(1インチ=2.54センチ)。

夜、晩ご飯からお休みまでの時間、なみだどろぼうは街を忍び足。なみだどろぼうは目に見えないけれど、水たまりだけはその姿を映す事が出来るんだ。なみだどろぼうは、白くてツンツンの髪と灰色の大きな瞳で、ハンカチのドレスに絹のスリッパを履いている。絹のスリッパは音を立てずに歩く事が出来るから、彼女はいろんな所に忍びこんでは子供たちの涙を集めるんだ…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

夜が舞台のこの絵本は、妖精のようななみだどろぼうの女の子が主役です。「なみだどろぼう」は、泥棒ですが、悪い泥棒ではありません。キラキラの涙を集めます。さて、この表紙絵で輝いているものは…そのために、なみだどろぼうは今夜も涙を集めています。

The Tear Thief By Carol Ann Duffy

追記を読む

2008-11-02(Sun) 03:51| - 夜/お月さま| トラックバック(-)| コメント(-)

静かな夜

Quiet Night
Quiet Night
(2002/04/22)
Marilyn Singer
商品詳細を見る

静かな夜/Quiet Night
イラストレーター:John Manders/ジョン マンダース
メイン画材:W/N ガッシュ、プリズマカラー

以前「クラレンス ザ コピーキャット/Clarence the Copy Cat」で紹介したJohn Mandersは、ペンシルバニア在住。グラフックデザイナーとして活躍していたが、イラストレーターに転向。漫画的な彼の性格が、いつもイラストのどこかしらに反映されると言う。

静かだと思っていた月の明るい夜に、カエル、ふくろう、あひるやおさかなたちがやって来て、「くわっくわっ」と鳴いたり、「ホーホー」とつぶやいてみたり…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。この絵本に描かれている木や草花は、John Mandersの家の庭に咲いていたものがモデルです。

「声に出して読んでみよう」の絵本なので、リズムが良くて楽しい。英語ならば、4つの単語の文章がリズム的に心地良いと思う私のツボにはまりました。くわっくわっ。

Quiet Night By Marilyn Singer, John Manders

追記を読む

2007-10-17(Wed) 00:00| - 夜/お月さま| トラックバック(-)| コメント(-)

夜のつくりかた

How to Make a Night
How to Make a Night
(2004/10)
Linda Ashman
商品詳細を見る

夜のつくりかた/How to Make a Night
イラストレーター:Tricia Tusa/トリシア トゥサ
メイン画材:インク、コラージュ、コンピューター

以前「バレンタインのバラッド/The Ballad of Valentine 」で紹介したTricia Tusaは、テキサスのヒューストンに在住のイラストレーター。病院で読み聞かせなどをしている彼女のお話が聞きたい場合は、45分で300ドルです。

タイヤはパンク。ボートは水漏れ。スクーターは溝に落っこちて、猫はジュースをこぼし、蛇はいなくなって、ママは顔色が悪い…さあ、取りかかる時間よ!お掃除の時間!夜を連れて来る時間よ!みんなが寝るためにね… アメリカ、日本共に対象年齢は乳幼児以上。大変リズムの良いお話。声に出して読むと、とんとん読めて気持ちがいい。

以前紹介した絵本のイラストとは少し違う感じ。雰囲気は変わりませんが、線が太くなって写真のコラージュがあちらこちらに見られる、現代的な雰囲気の絵本です。トリシア トゥサのスタイルが変わったわけではなく、この絵本にはこういう手法を使ってみたようです。

追記を読む

2007-10-16(Tue) 00:08| - 夜/お月さま| トラックバック(-)| コメント(-)

くらやみをこわがったフクロウぼうや

The Owl Who Was Afraid of the Dark
The Owl Who Was Afraid of the Dark
(2005/10/01)
Jill Tomlinson
商品詳細を見る

くらやみをこわがったフクロウぼうや/The Owl Who Was Afraid of the Dark
イラストレーター:Paul Howard/ポール ハワード
メイン画材:パステル

イギリス生まれのPaul Howardは、1967年のエイプリールフール生まれ。グラフィックデザインとイラストレーションを学んだ後に、ミュージアムで働きつつ、友達に頼まれて本のイラストを描いているうちに、イラストレーターとして忙しくなる。現在、ミュージアムはやめて、フルタイムのイラストレーターとして活躍。

プロップはあかちゃんフクロウ。彼は他のフクロウとちっとも違ってはいなかったけど、暗闇が怖いんだ。「僕はね、夜の鳥にはなりたくないんだよ。」とプロップが言うと、「あなたは暗闇について、いろいろと勉強をしたほうがいいみたいね。あの男の子に聞いてごらん。」とママが応える。プロップは深呼吸をして、男の子の所に飛んでいった。「こんにちは!暗闇について聞きたいんだけど…」とプロップ。「暗闇は刺激的さ!特に今日は花火が上がるんだよ!君も見たほうがいいよ!」と男の子。「それは暗くないとダメなの?」とプロップ。「もちろんさ!花火はね、暗くないと見えないんだよ」…アメリカの対象年齢は4歳以上。

たくさんの人に尋ねて、いろいろな暗闇がある事を知ったフクロウ君。見方が違うと意見も違う、物事には色々な面があるのでした。

追記を読む

2007-10-12(Fri) 00:00| - 夜/お月さま| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko

    アメリカ在住
    Contact

    リンクへの追加は報告不要です

    Edit-Me

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。