Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

そらをとんだ くじら

Der groesste Schatz
Der groesste Schatz
(1987/01)
Arcadio Lobato
商品詳細を見る

そらをとんだ くじら/The Greatest Treasure
イラストレーター:Arcadio Lobato/アルカディオ・ロバト
メイン画材:水彩

1955年スペインに生まれたArcadio Antonio Lobato。School of Fine Arts in Madridにて水彩画を学び、1980年から本格的にイラストレーターとして活動を始める。「そらをとんだ くじら」は、ドイツ語、英語、日本語の3言語で出版されている。

400年もの間、魔女の国を治めてきた女王ドゥルシラ。彼女は次の女王を選ぶために宝探しのコンテストを開くことにしました。ティベリアはコンテストにはあんまり興味がありません。お家で本を読んだり、星を眺めるだけで幸せなのです。でも、お友達のカラスのエミリオが「行こうよ、行こうよ、宝探しは楽しいよ!」と言って聞きません。気が進まないけれど、ほうきに乗ったティべりアの後ろでエミリオが女王様のお触れを暗唱します、「一番素晴らしい宝物を探そう。尊くて、価値があって、愛ある人に見つけられたもの。」その時突然、ティべりアのほうきが壊れ、ドサリと小さな島へ不時着。エミリオが言います、「ちぇ!もう宝物が探せないよう、女王様にはなれないよう。」ティべりアは言います、「落ち着いて、落ち着いて。見てごらん、すぐに直せるわ。ここに島があって本当に助かったね!」ところが、それは島ではありません。眠っていたくじらです。目覚めたくじらは海底へと潜り始めます。「くじらだわ!なんて素敵!ついて行きましょう!」アメリカ、日本共に対象年齢は9歳以上。

インクブロット風の水彩イラストレーション。水分のある紙の上に絵具を置き、エッジを作り出すにじみの技法を使用。水の自然な動きに重きを置く技法なので、絵具の完全なるコントロールは出来ない。きっと思ったように滲まない時もあるのだろうけれど、その偶然を楽しめる大きな心やら、絵具を紙に置く瞬間の自分に自信が無いとこんな風にのびのびとは描けない。シンプルに見えるし、はみ出た感じもあるので簡単そうに見えるけれど、水の動きを読み、秒単位で作画しなければ描けない絵。

愛情と友情、健康と衣食住、その他に生きがいや趣味があれば、きっと人生99点です。残りの1点は誰かのために。

スポンサーサイト


追記を読む

2013-01-01(Tue) 00:00| 魔法使い/妖精/神獣| トラックバック(-)| コメント(-)

目の見えない妖精

The Blind Fairy: A Tale
The Blind Fairy: A Tale
(1998/09)
Brigitte Schar、J. Alison James 他
商品詳細を見る

目の見えない妖精/The Blind Fairy
イラストレーター:Julia Gukova/ユーリア・グコーヴァ
メイン画材:アクリル

1961年にモスクワで生まれたJulia Gukovaは、1984年にMoscow State University of Printing Arts(モスクワ印刷大学)のペインティング学科を卒業。卒業制作の作品が出版され、これまでにマガジンや絵本の挿絵、ゲームやアニメーションフィルムなどに関わり活躍。1989年のブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)では金牌を受賞。彼女の作品は日本にもプライベートコレクションとして蔵されているようです。

遠くの国の真ん中には暗くて陰鬱な山。時が経つにつれ山はますます鬱々とした様相を深めます。誰も知ることのない頂上にはお城があり、目が見えなくなった妖精が住んでいます。彼女は毎日金の玉座に座り、美しいドレスを纏い、誰か来ないかしらと待ち続けるばかり。妖精は召使に成りすましたドワーフ達と暮らしていますが、彼らは彼女の眼が見えないのをいいことに、自分達の好きな陰気な環境を作ります。妖精が待っているのは招待したはずのお客様達、もちろんドワーフ達はそんな招待状は出したことなどありません・・・アメリカの対象年齢は5歳以上、日本の対象年齢は4歳以上。最後には妖精がエイヤッとドワーフ達を退治するシンプルなエンディングです。

待つばかりの人生は疲れてしまいます。待たせてばかりも気がかり。戦ってばかりも、守るだけも先が見えません。いつもいつも勢い良く元気ハツラツでも、いつもいつも嘆いて悲しむのも困りもの。たまには思慮深く、しおらしく、笑顔が少し大目の新鮮なものを伝統的なレシピで、満遍なく良く噛んで誰かと一緒に食べるのが良いと思います。誰も傍にいないのならば、姿勢を正しゆっくりお食べなさい。もぐもぐ。



追記を読む

2012-03-25(Sun) 10:22| 魔法使い/妖精/神獣| トラックバック(-)| コメント(-)

まほうつかいのむすめ

まほうつかいのむすめ
まほうつかいのむすめ
(1993/05)
エロール ルカイン アントニア バーバー
商品詳細を見る

まほうつかいのむすめ/The Enchanter's Daughter
イラストレーター:Errol Le Cain/エロール ル・カイン
メイン画材:G:水彩

以前「サー・オルフェオ/Sir Orfeo」、「白猫/The White Cat」、「シンデレラ―または、小さなガラスのくつ/Cinderella: Or, the Little Glass Slipper」、「アルフィとくらやみ/Alfi & the Dark」、「こまったこまったサンタクロース/Christmas Stockings」、「キャッツ-ボス猫・グロウルタイガー絶体絶命/Growltiger's Last Stand With the Pekes and the Pollicles and the Song of the Jellicles」などの絵本で紹介したエロール ル・カインはシンガポール生まれ、インド育ちのイギリス人でアジア人とヨーロッパ人のハーフ。1984年にケイトグリーナウェイ賞を受賞したものの、フォーマルに絵の勉強はしなかったよう。

昔、白くて冷たい国に魔法使いと娘が住んでおりました。魔法使いは大昔の魔術師が残した本を読みその魔法を使えるようになれるように一生を費やしているので、全てを思いのままにすることが出来ました。しかし、ひとたび何でも思いのままに出来るようになると虚しさばかりが残ります。魔法使いの娘は美しい娘でしたが、他に比べる人間が周囲にいないので彼女は自身の美しさを知りません。魔法使いは娘をただ「むすめ」と呼び、名前をつけていません。しかし彼女は時折、ずっと以前は何か違う名前で呼ばれている幼い頃の夢を見ました。ある日、自由な鹿や賑やかな猿の群れを見て寂しさを覚えた娘は、魔法使いが勉強をしている塔へと向かいます。しかし、偉大な魔法を覚えるのに忙しい魔法使いは、話し相手がほしい彼女にたくさんの本を与え追い払います。その本から娘は冒険、英雄、恋、家族などの存在を知るのでした…アメリカの対象年齢は9歳以上、日本の対象年齢は4歳以上。実は昔、魔法使いによってさらわれて来たのが娘でした。その後兄や母親と再会し幸せに暮らします。

1987年にイギリスで出版されたこの絵本は、アメリカでは1988年に出版。絵本のイラストレーションは、「Jo Ann」、「Don」、「Richard」の3人に捧げられています。「E.le C.」の記名スタイルでルカインの名前が記載されているのが特徴。

追記を読む

2010-06-19(Sat) 21:56| 魔法使い/妖精/神獣| トラックバック(-)| コメント(-)

妖精の子、地上の子

Child of Faerie, Child of Earth
Child of Faerie, Child of Earth
(2000/09)
Jane Yolen
商品詳細を見る

妖精の子、地上の子/Child of Faerie, Child of Earth
イラストレーター:Jane Dyer/ジェーン ダイヤー
メイン画材:透明水彩

「金色のあずまやの少女/The Girl in the Golden Bower」や「ソフィーの傑作/Sophie's Masterpiece」、「おやすみ おやすみ ねむねむちゃん/Goodnight Goodnight Sleepyhead」等の美しい絵本で紹介したJane Dyerは、マサチューセッツ在住。作家が書いたように描くイラストレーターとして名高い彼女のイラストは、イマジネーションとリサーチの賜物。

ハロウィーンのイブの日、人間の女の子と妖精の男の子が出会いました。「妖精なんて信じないわ。」と言う人間の子の手を取って、妖精の子は妖精の国に彼女を連れて行きます。楽しい時間を過ごした彼女に、「妖精の王妃になり、ここにいて下さい。」と妖精たちはお願いしますが、彼女は自分が人間の子である事を、妖精の国では生きていけない事を知っています…アメリカの対象年齢は乳幼児以上。

違う生き物だとわかっていながら友情/愛情を育むお話。妖精の国と人間の国を行き来しながら、最後にはおじいさんとおばあさんになった幸せそうなふたりの絵でおしまい。まさかおじいさんとおばあさんになるまで一緒にいる2人だとは思わずにいたのでびっくり、感動愛の絵本です。

Child of Faerie, Child of Earth By Jane Yolen

追記を読む

2007-10-31(Wed) 00:01| 魔法使い/妖精/神獣| トラックバック(-)| コメント(-)

三人の魔女

The Three Witches
The Three Witches
(2006/08)
Joyce Carol Thomas Zora Neale Hurston
商品詳細を見る

三人の魔女/The Three Witches
イラストレーター:Faith Ringgold/フェイス リングゴールド
メイン画材:パステル

1930年生まれ、サンディエゴ在住のFaith Ringgoldは、35年以上も絵を描いているアーティストで、UCサンディエゴ大学の教授。いろいろなミュージアムにパーマネントコレクションを提供する彼女は、70以上もの絵本に関する賞を受賞。初めての絵本は、コールデコット オナー賞にも選ばれています。

3人の魔女は、男の子と女の子のお父さんとお母さんを食べてしまいました。だから男の子と女の子は、おばあさんと一緒に暮らしています。ある日、おばあさんは食べ物を探しに出かけてしまい、子供達だけでお留守番。お腹が空いた男の子と女の子は何か食べようとしますが、女の子が「魔女の匂いがする!」と言います。「いい魔女?悪い魔女?」と男の子が訪ねると、「悪いほうよ!」と女の子。2人がおびえながらご飯を食べ終わると、隠れていた3人の魔女が言います、「さあ、子供達を食べよう!」…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。1930年代にZora Neale Hurstonが集めた、アフリカ系の民話が基になっている絵本。このお話はたくさんのアーティストが絵本にしています。

伝承民話なので怖いのはどうにもならない。最後に魔女達は、男の子と女の子の犬たちに食べられてしまいます。本当の話だったらどうしよう。現代的で鮮やかなイラスト絵本です。

追記を読む

2007-10-30(Tue) 00:30| 魔法使い/妖精/神獣| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko
    アメリカ在住

    Color My Art by Ikuko

    リンクへの追加は報告不要です

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。