Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ぬくぬく山

Snuggle Mountain
Snuggle Mountain
(2003/04/21)
Lindsey Lane
商品詳細を見る

ぬくぬく山/Snuggle Mountain
イラストレーター:Melissa Iwai/メリッサ・イワイ
メイン画材:アクリル、プリズマカラー色鉛筆

カリフォルニア生まれのMelissa Iwaiは、パサデナにあるアートセンター・カレッジ・オブ・デザインを卒業後、ニューヨークに引っ越しをする。引越しの理由は、ニューヨークに児童書の出版社が多いため。子供の頃から絵本のイラストレーターになりたかった彼女は現在までに、絵本のイラストレーターとしては20冊以上、絵本作家としては2010年に絵本を出版。

エマは爪先立ちで見上げる。今日はぬくぬく山の天辺までたったひとりで登り、眠りの魔法にかかったせいで朝ごはんのパンケーキを焼くのを忘れてしまった双頭の巨人を起こすのだ。エマは石に手をかけぬくぬく山を登ろうとした。しかしそれは石ではなかった。それは動いた。猫だった。半分ほどを登ったところで何かが聞こえた。まるでひっくり返って寝ている犬のような音である。もしもそれが犬ならば、眠りの魔法にかかってビスケットの夢を見ているに違いない。でこぼこのぬくぬく山を一歩ずつ進むエマ。ここへ来て聞こえてきたのはイビキだ。イビキは良くない、深い眠りのサインだ。そんな時はぬくぬく山の地中深く潜り込まなければいけない。潜り込むのは危険だ。エマが眠りの魔法にかかってしまうかもしれないからだ・・・アメリカの対象年齢は4歳以上、日本の対象年齢は乳幼児以上。小さなエマがベッドをすりすりと登り、お布団にもぐりこみ、カーテンを開けて、寝坊の両親を起こすお話。

メリッサは「ぬくぬく山/Snuggle Mountain」の下絵や、「Hush, Little Monster」のダミー絵本のサムネイルを公開しています。お料理がメインのブログではレシピなども公開。

スポンサーサイト


追記を読む

2013-08-11(Sun) 01:24| - おはようおやすみ/ベットタイム| トラックバック(-)| コメント(-)

かわいくなんかないっ!


(2006/04/01)
Jonathan Allen
商品詳細を見る

かわいくなんかないっ!/I'm Not Cute!
イラストレーター: Jonathan Allen/ジョナサン アレン
メイン画材:ペインター

イギリス在住のJonathan Allenは、セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート出身。3台のコンピューターを使ってイラストを描く彼は、構図を簡単に変えられることがコンピューター使用のメリット、出版社のプリンターによって色が変わってしまう事がデメリットと言います。

小さいふくろう、森を探検だ!「誰もぼくの邪魔はさせない!」・・・とそこへウサギさんが来て「かわいー!ちいさいー」とふくろうを抱きしめた。「ぼくは、かわいくなんかないっ!そんでもって小さくもない!」「ぼくは大きくて、こわーい狩の達人なんだ!」・・・アメリカの対象年齢は9歳以上・・・はきっと間違いでしょうか。どちらかと言うと乳幼児向けの絵本ではないかと思います。

名無しの「あかちゃんふくろう/Baby Owl」が、翻訳では「ふくろうのふくちゃん」になりました。アメリカでは主人公と読んでいる本人のイメージが重なりやすいように、わざと絵本の主人公に名前がつけられない絵本が数多くあります。

追記を読む

2011-01-24(Mon) 11:35| - おはようおやすみ/ベットタイム| トラックバック(-)| コメント(-)

アルフィとくらやみ

アルフィとくらやみ (児童図書館・絵本の部屋)
アルフィとくらやみ (児童図書館・絵本の部屋)
(2004/12)
サリー マイルズ エロール・ル カイン
商品詳細を見る

アルフィとくらやみ/Alfi & the Dark
イラストレーター:Errol Le Cain/エロール ル カイン (1941-1989)
メイン画材:水彩

以前「サー・オルフェオ/Sir Orfeo」、「白猫/The White Cat」、「シンデレラ―または、小さなガラスのくつ/Cinderella: Or, the Little Glass Slipper」で紹介したエロール ル・カインは、1968年から1989年までイギリスで活躍したイラストレーター/アニメーター。エドモンド・デュラックカイ・ニールセンを賞賛していた彼が、初めて彼らのイラストに出逢ったのは、ル・カインがイラストを描くようになりしばらくしてから。「キャベツ姫(1969年)」、「いばらひめ(1975年)」、「おどる12人のおひめさま(1978年)」と、3度ケイト グリーナウェイ賞の佳作/次点に選ばれた後、1984年の「ハイワサのちいさかったころ/Hiawatha’s Childhood」で終にケイト グリーナウェイ賞受賞。その後は、「まほうつかいのむすめ(1987年)」で再び佳作/次点に入賞。

夜、目が覚めたアルフィはベッドの中で横たわっていました。「もしも今、電気をつけたら部屋の中はよく見えるけど、今ここにあるくらやみはどこに行くのかな?」 「くらやみ」くんはもちろんアルフィが言った事を聞いていて、笑いながら考えた、「明るい時に僕がどこにいるか誰も知らないとは、なんて馬鹿げているんだろう!もしも、みんな知っていたら怖いに違いない!」 アルフィは羊を数えて眠ろうとしますが眠れません。そして起き上がって待ってみますが、どこからもくらやみについての答えは返ってきません…と思ったら、びっくり!誰かがアルフィの耳元でささやきます。「くらやみくん、君なのかい?君は聞こえるけど見えないものなのかい?」 すると、しわがれ声が答えます、「そうだよアルフィ、僕だよ。」 アルフィは飛び上がって喜びながら訊きます、「電気をつけたら君はどこに行くんだい?」…アメリカの対象年齢は4歳以上。

1988年、アメリカ出版の初版本のバックフラップの文章を紹介:エロール ル・カインは、1941年シンガポールで生まれる。1歳の時にインドへ移住。インドでは地元の人形遣い達や、週に1度上映されるハリウッド映画に多大な影響を受ける。彼が15歳になった時、ある映画会社が、費用を出すのでイギリスでアニメーターになるための訓練を受けないかと申し出る。以来、彼は映画の仕事をしている。彼の初めての絵本出版は、アニメーションの企画から生まれたもの。それから現在までに、12冊以上もの絵本を出版している。ミスター ル・カインは現在イギリスのブリストルに、子供のフレデリカとアルフィと暮らしている。

この絵本のイラストレーションは「サリー」、「トニー」、「アルフィ」と「フレデリカ」に捧げられています。主人公の「アルフィ」は、エロール・ル カインの子供の名前です。

追記を読む

2007-10-19(Fri) 00:03| - おはようおやすみ/ベットタイム| トラックバック(-)| コメント(-)

ミイラの悪夢にとりつかれたスキッピージョン ジョーンズ

Skippyjon Jones in Mummy Trouble (Skippyjon Jones)
Skippyjon Jones in Mummy Trouble (Skippyjon Jones)
(2006/10/19)
Judith Byron Schachner
商品詳細を見る

ミイラの悪夢にとりつかれたスキッピージョン ジョーンズ/Skippyjon Jones in Mummy Trouble
イラストレーター:Judith Byron Schachner/ジュディス シャクナー
メイン画材:アクリル、インク

1951年に末っ子としてマサチューセッツ州に生まれたJudith Byron Schachnerは、裕福ではなく、はにかみ屋さんでしたが、アートのクラスだけは良い成績でした。1973年にマサチューセッツ カレッジのイラストレーション科を卒業後、グリーティングカードの会社に就職。しかし、会社での仕事は楽しくなくて、もう絵は描きたくないと思ったのだそう。結婚し、子供が産まれ、やりかけの作品集を作り直して、ニューヨークへ引越し、1995年に初めての絵本を出版。

本を読んでいたスキッピージョン ジョーンズは、違う角度から考えてみようと、おトイレの砂をかいて山を作ってみた。「何をしているの穴掘りくん?おトイレの外にピラミットは作らないで!」と、ママは本を取り上げた。その本は…「ナショナル レオグラフィック!この本は悪夢を見て、興奮して、ぱさぱさしっぽになるのよ!禁止です!!」…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。空想好きの猫、スキッピージョン ジョーンズが、ミイラの本を読んだ事をきっかけに、ママが警告した通り、エジプトに悪夢の空想旅行をするお話。「ナショナル レオグラフィック」とは、アメリカで有名な雑誌「ナショナル ジオグラフィック」のもじり。

ブロークンな英語とスペイン語、語呂合わせに言葉遊びが入っているので、文章は短いのによく解らない。でも、この絵本にはジュディス シャクナーの読み聞かせCDがついていたので助かりました。読んでもらうと簡単に理解出来ます。

「My name is Skippito Friskito,(clap-clap) And I'm off to see old Egypt-ito.(clap-clap) My chicos insist, And I dare not resist The chance to go meet a mummito.(clap-clap)」

追記を読む

2007-10-18(Thu) 00:56| - おはようおやすみ/ベットタイム| トラックバック(-)| コメント(-)

ブロッサムとブーのよふかし:寝る時間のお話

Blossom and Boo Stay Up Late: A Story About Bedtime
Blossom and Boo Stay Up Late: A Story About Bedtime
(2002/03)
Dawn Apperley
商品詳細を見る

ブロッサムとブーのよふかし:寝る時間のお話/Blossom and Boo Stay Up Late: A Story About Bedtime
イラストレーター:Dawn Apperley/ドーン アパリー
メイン画材:水彩、鉛筆

イギリス在住のDawn Apperleyは、1995年からフルタイムの絵本作家。それ以前は、出版社でデザイナーをしていました。

ブロッサムとブーは大親友、一日中森で一緒に遊んでいる。笑ったり、歌ったり、空を見上げて雲を見たりと大の仲良し。ブーが言った、「日中、僕たちはこうしてずっと森で遊んでいるけど、森の夜には何が起こるのかしら?」そしたらブロッサムが言った、「遅くまで起きていて確かめましょうよ!」…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

やっぱり夜は寝たほうがいいねと思った2匹の「ブロッサムとブー」は、人気のシリーズ絵本です。

追記を読む

2007-10-11(Thu) 00:19| - おはようおやすみ/ベットタイム| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko
    アメリカ在住

    Color My Art by Ikuko

    リンクへの追加は報告不要です

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。