Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

長くつ下のピッピ アフタークリスマスパーティ

Pippi Longstocking's After-Christmas Party
Pippi Longstocking's After-Christmas Party
Astrid Lindgren (1996/10)
Viking Childrens Books
この商品の詳細を見る

長くつ下のピッピ アフタークリスマスパーティ/Pippi Longstocking's After-Christmas Party
イラストレーター:Michael Chesworth
メイン画材:水彩、色鉛筆

マサチューセッツ在住のMichael Chesworthは、学校や図書館訪問でのプレゼンテーションや、訪問先の子供達とのアクティビティを精力的にしているイラストレーター。

クリスマス休暇中の町に張り紙が出されました。「長くつ下のピッピは今夜、アフタークリスマスパーティをゴタゴタ荘で開きます。町のすべての子供達を歓迎いたします。あったかい洋服を着て来て下さい。」さあ、子供達は大騒ぎ。お父さんやお母さんに早速パーティ参加の許可を取り付けます。その夜、みんながピッピのお家にたどり着くと、ゴタゴタ荘は静かで暗くて何の準備もされていないようですが・・・アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

ピッピは私の憧れの女性だった。大きくなったらこんなことが出来るようになる人もいるのだなと思っていた。 そんな人になるにはきっと何か特訓をしなければいけないのだろうなと思いながらも、何をすれば良いのかは分からなかったので、取りあえず木に登ってばかりいた。木登りは大変に得意だったはずなのに、今は重すぎて登れない。夏の終わり頃、木に登ろうと思ったら登れなかった。体重が増えると木登りは困難なのである。チョラホップ。

スポンサーサイト


追記を読む

2013-12-25(Wed) 00:00| - クリスマス| トラックバック(-)| コメント(-)

贈り物の使者

The Bearer of Gifts
The Bearer of Gifts
(1998/10/01)
Steven Kenneth
商品詳細を見る

贈り物の使者/The Bearer of Gifts
イラストレーター: Lily Moon
メイン画材:アクリル、オイルパステル

1971年ロンドン生まれで、1993年から絵本のイラストレーターとして活躍するTim Warnesのもうひとつの名前がLily Moon。Tim Warnesとしてはもっと可愛らしいイラストを描くのだが、Lily Moonとしてはスタイライズされたイラストを描く。彼が絵本を描き始める時は主人公になるキャラクターをたくさん描くことから。

ラップランドにひとりぼっちの彫刻家がいました。彼はいろいろなものを木から作っては、トナカイに乗せて国中を売り歩きます。ある夜、彼が水汲みをしていると、大きな大きな星が東の空に浮かんでいます、「こんなに大きな星はこれまでの人生で見たことが無いな・・・以前はあんな場所に星なんか無かったのに」。次の朝、彫刻家がまた空を見上げると、昨日の大きな星はまだ同じ場所にいます。彼はテントをたたみ急いで東へ向かいました・・・アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

クリスマスにプレゼントを配るのはサンタと決まっていますが、この絵本はサンタがいかにしてサンタになったかと言うお話。本や映画などでジーザス降臨を軸にして、様々なクリスマスの物語が作られていますが、このお話は目新しい展開ながらもきちんとまとまった素敵なクリスマス絵本です。

とてもとても可愛らしいイラストですが、大変にスタイリッシュ。すっきりとした現代的なグラフィック系ですが、美しく暖かい手描きのイラスト。とても気に入っています。

追記を読む

2013-12-18(Wed) 00:00| - クリスマス| トラックバック(-)| コメント(-)

屋根裏部屋のクリスマス

The Attic Christmas
The Attic Christmas
(2004/09/16)
B. G. Hennessy
商品詳細を見る

屋根裏部屋のクリスマス/The Attic Christmas
イラストレーター:Dan Andreasen/ダン・アンドレイアセン
メイン画材:油彩

以前「紅ばらとくま王子/Rose Red and the Bear Prince」で紹介したDan Andreasenは、フロリダのオーランド在住。イラストレーターとして25年以上ものキャリアがある彼は50冊以上絵本を出版している。ローラ・インガルス・ワイルダーの「大草原の小さな家」のイラストは、これまでガース・ウィリアムズでしたが、新しいバージョンではDan Andreasenが担当。

銀の鈴は一番古いオーナメント、リリーが子供の頃に贈られた物。他には、特別配達のトラックや陶器のサンタ達がいる。ミスターマカロニは、彼らの中ではただ1つの手作りオーナメント。オーナメント達は毎年1年に1度、クリスマスのご馳走の香りがする頃が楽しみ。リリーが屋根裏にいる彼らを迎えに来て、クリスマスのために自分達を飾ってくれるからだ。でも今年はちょっとおかしい。もうすぐクリスマスのはずなのに、ご馳走の香りがしない・・・リリーが忘れちゃったんだ!どうしよう!すると銀の鈴が言った、「リリーにはクリスマスはもう来ないんだよ・・・」アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。屋根裏部屋にあった人形の家の中で、自分達だけで少し寂しいクリスマスパーティをするオーナメント達ですが・・・

以前、クリスマスのオーナメントをデザインしていたダン・アンドレイアセンにとって、この絵本は彼にぴったりのサブジェクト。可愛らしい小物がたくさん出てきます。家族がテーマですが、主役はオーナメント達。その可愛いオーナメント達が、おばあちゃんから子供たちに引き継がれていく心温まるお話。

追記を読む

2012-12-15(Sat) 00:00| - クリスマス| トラックバック(-)| コメント(-)

世界中で一番こわい怪物

The Scariest Monster in the Whole Wide World
The Scariest Monster in the Whole Wide World
(2001/08/06)
pamela mayer
商品詳細を見る

世界で一番こわい怪物/Scariest Monster in the Whole Wide World
イラストレーター:Lydia Monks/リディア・モンクス
メイン画材:アクリル、色鉛筆、コラージュ

イギリス生まれのLydia Monksは、ファッションデザイナーになりたかったが、「縫う」と言う行為に興味を持てなかった為、描くことに専念した絵本作家。キングストン大学イラストレーション科を卒業後、新聞社や出版社で働き、これまでに70冊以上もの絵本を出版した彼女は、デビュー作でスマーティ ブロンズ賞を受賞している。 シェフィールド在住。

去年のハロウィーン仮装パーティで、ティアは「妖精の女王様」になって2等賞をもらった。彼女のパパとママはとっても嬉しかった。今年は何が何でもティアに1等賞を!「蝶々」がいいかしら、「スペインの踊り子」がいいかしらと思案中。そこでティアが言った、「今年は“世界中で一番こわい怪物”になりたいの!」・・・アメリカの対象年齢は4歳以上。

ハロウィーンの「トリック オア トリート」では、保護者としてお父さんやお母さんが仮装して子供達に付き添って来ることもありますが、大きなお兄さんが変装で顔を隠して小さな弟や妹達に付いて来ることもあります。少し照れくさいけど、キャンディがほしい高校生の男の子たちも、まだまだ子供で可愛いらしい。



追記を読む

2012-10-15(Mon) 00:00| - ハロウィン/感謝祭| トラックバック(-)| コメント(-)

2番目のお正月

This Next New Year 
This Next New Year
(2000/09/18)
Janet S. Wong
商品詳細を見る

2番目のお正月/この次の新年/This Next New Year
イラストレーター:Yangsook Choi/ヤンスック・チョイ
メイン画材:油彩

以前「二ムの戦争奉仕/Nim and the War Effort」や「新猫/New Cat」で紹介したYangsook Choiは韓国育ち。ニューヨークで修士号を取得するためにアメリカへと渡る。彼女のイングリッシュネームは「レイチェル」。キャセイパシフィックの乗務員だった彼女がアメリカに来たのは1991年。1997年に初めての絵本出版をし、現在はニューヨーク在住。

今年の次のお正月がやって来た。ローズパレードやフットボールを見るお正月じゃないよ。みんなが知っている1月1日の新年じゃないよ。このお正月は初めてのお月様の日。僕は半分韓国人だけど、チャイニーズニューイヤーと呼ぶんだ。ママは韓国の新年スープを作る。お友達のフランスとドイツのハーフのグレンもチャイニーズニューイヤー。でもグレンはタイフードを食べてお祝いするんだけどね・・・アメリカの対象年齢は4歳以上。アメリカでお正月と言えばフットボールかローズパレードを見ます。ローズパレードとは、ロスアンゼルスで1月1日に行われるお花のフロート/山車パレード。

旧暦/太陰太陽暦/ルナカレンダーのお正月/春節が「チャイニーズニューイヤー」。2012年のチャイニーズニューイヤーは1月23日から。主要アジア各国の中でも日本だけが旧正月をお祝いしません・・と言うことを他の国の方々が知る由も無く、何故お祝いをしないのかを説明出来ぬ私は素知らぬ振りでご挨拶をします、「おめでとうございます」。Happy New Year of the Dragon!

追記を読む

2012-01-24(Tue) 12:56| - 大晦日/新年| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko
    アメリカ在住

    Color My Art by Ikuko

    リンクへの追加は報告不要です

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。