Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ヘンゼルとグレーテル3

Hansel and Gretel
Hansel and Gretel
(1999/02/01)
Rika Lesser
商品詳細を見る

ヘンゼルとグレーテル/Hansel and Gretel
イラストレーター:Paul O. Zelinsky/ポール O. ゼリンスキー
メイン画材:油彩

1998年 コルデコット オナー賞受賞作品

以前「金の糸/Rumpelstiltskin」、「ラプンツェル/Rapunzel」、「せかいいち大きな女の子のものがたり/Swamp Angel」で紹介し、日本に住んでいた事もあるPaul O. Zelinskyは、現在ニューヨークのブルックリンに在住。大学に入ってから絵本の制作に興味を持った彼は、輝かしい功績を残すイラストレーター。

グリム童話:貧しいがゆえに森へと捨てられるヘンゼルとグレーテルのお話。賢いヘンゼルが知恵をつかって何とかしようとしますが、それも及ばずに森の中で迷ってしまいます。森で見つけたお菓子の家で、魔女のとらわれの身となったヘンゼルとグレーテルですが、グレーテルの機転で無事に2人はお家に帰って幸せに暮らします…アメリカの対象年齢は4歳以上。

ダ・ヴィンチの構図や色彩を思わせるような表紙は、以前紹介したポール O. ゼリンスキーの作品よりも、暗い色が利いていて、コントラストがはっきりしています。

スポンサーサイト


追記を読む

2007-07-31(Tue) 00:08| - ヘンゼルとグレーテル| トラックバック(-)| コメント(-)

ハリー・ポッターと死の秘宝

Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
(2007/07/21)
J.K.Rowling
商品詳細を見る

ハリー・ポッターと死の秘宝/Harry Potter and the Deathly Hallows
イラストレーター:Mary GrandPre/メアリー グランプレ/マリー グランプレ
メイン画材:パステル

アメリカ版ハリー・ポッターのイラストレーターは、以前「チン ユウ ミンと生姜猫/Chin Yu Min and the Ginger Cat」で紹介したMary GrandPre。彼女はフロリダ在住で、これまでに20冊以上もの絵本のイラストを手がける。「ハリー・ポッターと死の秘宝」のカバーイラストは、2007年1月に依頼される。アメリカ版ハリー・ポッターには、各章にイラストがついており、お話のヒントにもなっています。

「魔法の世界やハリーに関しての執筆はもう終わりよ…」と、2007年7月27日のThe Today's Showのインタビューで言っていたJ・K・ローリング氏でしたが、登場人物の百科事典を出版するかもしれないとも言っていました。そこでは描ききれなかった登場人物の背景などが記されているそう。まだまだ楽しみがやってくるかもしれません。インタビューでは生き残ったホグワーツの生徒のその後の人生、ホグワーツ教授や魔法警察部隊や闇払いとしてのキャリアなども語った彼女でしたが、17年間に渡って取り組んできた彼女のハリーポッターシリーズは、「17年前の予言」と共にここでひとまず区切られるようです。

やっぱり…と思うことも多かったですが、あれは結局どうなったんだろう…と思ったほうが多かった。全体的に1巻から6巻までで少し引っかかっていた事がいろいろと明かされます。教科書以外で初めて読み始めた英語の本、ハリー・ポッターシリーズ。今では他の英語の本も読めるようになりました。

ネタばれひとこと(反転/セレクトしてね): ロンのお父さん/アーサー・ウィーズリーは本当は5巻で死んでしまうはずでしたが、そうはならず、代わりと言っては何ですが7巻では、他の「お父さん」がヴォルデモート達との戦いに敗れます。この露と消えたお父さんは、7巻でめでたくお父さんになったばかりでした。追記:2007年10月、ロサンゼルスに来たローリング女史は、「ダンブルドア校長はゲイです。」と発表しました。7冊あるハリーポッターの本の中ではそんなことは全く匂わせていなかったので、アメリカメディアでは「?」という反応です。セールストークでは?なんていう辛口のメディアもいます。

ハリー・ポッターと死の秘宝 日本語版」の出版予定日は2008年7月23日です。

追記を読む

2007-07-27(Fri) 01:59| 魔法使い/妖精/神獣| トラックバック(-)| コメント(-)

ウィラと風:ノルウェー民話

Willa And The Wind (Ala Notable Children's Books. Younger Readers (Awards))
Willa And The Wind (Ala Notable Children's Books. Younger Readers (Awards))
(2005/09/30)
Janice M. Del Negro
商品詳細を見る

ウィラと風/Willa And The Wind
イラストレーター:Heather Solomon/ヘザー ソロモン
メイン画材:油彩、コラージュ、水彩

ニューメキシコ在住のHeather M. Solomonは、大学で生物学を専攻し科学者になる予定だったが、1999年に学校を卒業した時には、イラストレーション専攻だったとか。影響を受けたイラストレーターは、Lisbeth ZwergerLeo and Diane Dillon。彼女はいつも自分の娘が幼稚園に行く3時間だけ働くのだそう。

風の強い谷に住むウィラと姉。彼女達は小さなお家と小さな畑しか持っていないけど、風が吹いて雨が降れば、いつでも十分に生活出来る事を知っている。ある暑い夏、姉がウィラに言った、「小屋に行ってコーンミールを持ってきて頂戴」。暑いと文句を言いつつも、ウィラがコーンミールを持ってくると、丁度お休み中で、仕事をしていない風が通り過ぎた、「ひゅー」…コーンミールは飛んでいってしまった…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

水彩のイラストをメインにして、背景などにコラージュやオイルを使っていてユニーク。キャラクターが個性的で動きが良く、固いポーズをしていないのがすばらしい。

追記を読む

2007-07-26(Thu) 00:23| 西洋古典:民話/童話| トラックバック(-)| コメント(-)

もっと赤いカーマイン:あかずきん

Carmine: A Little More Red (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
Carmine: A Little More Red (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
(2005/05/02)
Melissa Sweet
商品詳細を見る

もっと赤いカーマイン:あかずきん/Carmine: A Little More Red
イラストレーター:Melissa Sweet/メリッサ スウィート
メイン画材:コラージュ、水彩

イラストレーターとして活躍してきたニュージャージー州生まれのMelissa Sweetのこの絵本は、彼女にとって初めて絵もお話も担当した絵本。マサチューセッツ州のEndicott Junior Collegeから準学士を修得後、Kansas City Art Instituteで勉強した彼女はグリーティング カードやポスターなどの仕事をするも、1985年から絵本の世界へ入り、これまでに60冊以上もの出版をしています。

カーマインにはアルファベット(alphabet)スープでアルファベットを教えてくれるおばあちゃんがいます。おばあちゃんがアルファベットスープを作ると、カーマインはいつも食事に招待されるのです。ある日のこと、いつもの通りカーマインは食事に招待されました。「道草をしないでね。道々用心(beware)してきてちょうだいよ。」とおばあちゃん。カーマインは早速、散らかっている(clutter)ものの中からお絵かき道具や何か道すがら必要なものを探し出して…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。他のアルファベット絵本に比べて、「lurking」、「quiver」、「pluck」、「zillion」など少し難しい言葉を使っているので、目新しい感じがします。

アルファベット絵本なのに、あかずきんちゃんのお話。但し、古典的な赤ずきんではなくて、メリッサ スウィートの創作が入っています。おばあちゃんやあかずきんはオオカミに食べられませんので安心!オオカミが狙っていたのはアルファベット スープのだしに使われる骨でした。ちなみに、「カーマイン」は少し青寄りの赤。

Carmine By Melissa Sweet

追記を読む

2007-07-25(Wed) 00:24| - アルファベット/数字| トラックバック(-)| コメント(-)

たのしい川辺

The Wind in the Willows (Storytime Classics)
The Wind in the Willows (Storytime Classics)
(2001/06)
Janet Allison Brown Kenneth Grahame
商品詳細を見る

たのしい川辺/The Wind in the Willows
イラストレーター:Joanne Moss/ジョアンナ モス
メイン画材:G:水彩

イギリスに住んでいるJoanne Mossは、これまでに10冊以上もの絵本にイラストを描いているイラストレーター。野生動物に興味があり、動物のキャラクター絵本を描く事の多い彼女は、猫や犬、ギアナピッグと暮らしている。

モグラくんは、朝中ずっとお家のお掃除をしていたので、少しお休みして川辺をお散歩することにした。「ぼくのボートに乗らないかい?」と言ったのは、水生ねずみくん。モグラくんは照れながらうなずいて乗り込みます。「ねずみさん、漕がせておくれよ。」とお願いしたモグラくんは、すぐさまオールに飛びついた。そしたらねずみくんは川に落っこちてしまった。ねずみくんが言う、「モグラくん!君は川での生き方を覚えなければいけないよ!、僕のところで暮らしなよ、泳ぎ方や漕ぎ方を教えてあげるよ」…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。この後、主役で自慢屋のカエルくんが登場、彼が次々と大問題を引き起こしますが、モグラくんやねずみくんは、いろいろな問題を起こすカエルくんを見捨てずに助けます。

作家のケネス・グラハム/Kenneth Grahame(1859-1932)が、息子に話して聞かせたお話で、1908年に出版されました。

追記を読む

2007-07-24(Tue) 00:10| 西洋古典:民話/童話| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko

    アメリカ在住
    Contact

    リンクへの追加は報告不要です

    Edit-Me

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。