Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ホレおばさん/マザーホリー

Mother Holly
Mother Holly: A Grimm Tale
(2001/09)
John Warren Stewig Wilhelm Grimm
商品詳細を見る

ホレおばあさん/マザーホリー/Mother Holly
イラストレーター:Johanna Westerman/ジョアンナ ウェスターマン
メイン画材:水彩

Orange Coast Collegeでアートを専攻し、Scripps Collegeでスタジオアートを学んだJohanna Westermanは、アメリカのカリフォルニア州在住。Rhode Island School of Design在学中の22歳で初めての絵本契約をする。この絵本のイラスト制作には、4年もの年月がかかったのだそう。

グリム童話:昔々の遠いところ、ある女性が二人の娘と暮らしておりました。娘の一人は継子で勤勉な可愛いローズ、いつも洗い物や縫い物と忙しくしています。もう一人は自分の娘の意地悪で怠け者なブランシェ、いつも忙しく文句やぐちを言っています。それなのに母親は、自分の娘ブランシェのほうが可愛く、ローズが大嫌い。さて、毎日井戸の前に座って、指から血が出るまで糸を紡ぐのがローズの仕事です。ある日、紡錘に血をつけてしまったので、井戸で洗おうとしたところ、紡錘を井戸へと落としてしまいました。すぐさま継母に報告をしたローズは、「井戸から取ってきなさい」と言われ、そのまま井戸へと飛び込みます。ところが、その井戸は普通の井戸ではなく、ローズが溺れることはありませんでした…アメリカ、日本共に対象年齢は歳以上。その後ローズは、パンを焼いてほしい釜や実を振り落としてほしいリンゴの木、ミルクを絞ってほしい牛に出会いながら、マザーホリーの家へとたどり着きます。

グリムの原作とは違い、この再話では、マザーホリー/ホレおばさんの外見を醜く表現していますが、これは人間を外見だけで判断してはいけないと言う事がメッセージ。その他、原作にお父さんは出てきませんが、この絵本にはお父さんが登場。ブランシェは、お仕置きで取ることの出来ないコールタールをかけられるのが原作ですが、ここでは取ることが出来るであろう棘がブランシェに降りかかります。結末をハッピーエンドに変えて、「勤勉」と言うテーマの絵本に仕上げたのだそう。

第19回ブラティスラヴァ国際絵本原画展グランプリを受賞した出久根育さんが絵を描いたロシア民話で、ババヤガーが出てくる「マーシャと白い鳥 (世界のお話傑作選)」にも、薪をくべてほしいペチカや実を振り落としてほしいリンゴの木、ミルクの川が出てきます。国は違っても、古典のお話には何かしら共通点があるのでしょうね。

ホレのおばさん by Wikipedia

スポンサーサイト


追記を読む

2009-08-26(Wed) 03:49| グリム/ペロー童話| トラックバック(-)| コメント(-)

読み聞かせのお姫様

The Storytelling Princess
The Storytelling Princess
(2001/07/23)
Rafe Martin
商品詳細を見る

読み聞かせのお姫様/The Storytelling Princess
イラストレーター:Kimberly Bulcken Root/キンバリー バルケン ルート
メイン画材:水彩、鉛筆

ペンシルバニアに在住のKimberly Bulcken Rootは、ニューヨーク タイムス ベスト絵本/New York Times Best Illustrated BookやALA Notable Books等にも選ばれた絵本を手がけたことのあるイラストレーター。旦那様は以前「ヒューと願い事が行く/Whoosh! Went the Wish」で紹介したBarry Root。

あるところに本の大好きな王子様がいました。ある日王様が言います、「お前は結婚する時期だ。お前のために、海の向こうの遠い国からお姫様がやってくるよ」。すると王子様が言います「いやだよ、お父さん。僕は僕が選んだお姫様と結婚するんだ」。所変わって、海を越えた遠い国に、たくさんのお話を知っているお姫さまが住んでいました。ある日王様が言います、「お前は大きくなったので、結婚しなければならない。お前にぴったりの王子様を探したよ。さあ、船で出発しよう!」。「いやよ、お父様!私は私が選んだ人と結婚したいわ。そんなことなら、海にさらわれた方がいいわ」…その夜、船に乗ったお姫様は波にさらわれてしまいます…アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

結婚相手を勝手に決められたこちらの国の王子様とあちらの国お姫様のお話。さて、最後は…きっとみなさんが思っている通りになり、めでたしめでたし。本が大好きな子供達のための現代のフェアリーテール。

追記を読む

2009-08-12(Wed) 04:15| 王様/お姫様:現代創作| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko

    アメリカ在住
    Contact

    リンクへの追加は報告不要です

    Edit-Me

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。