Search

Book-cover images are provided by Amazon US & Amazon Japan

New entries

Categories

Archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

犬の一日 主演はオーティス

Dog Days: Starring Otis
Dog Days: Starring Otis
(2003/01/14)
Amanda Harvey
商品詳細を見る

犬の一日 主演はオーティス/Dog Days Starring Otis
イラストレーター:Amanda Harvey/アマンダ・ハーヴェイ
メイン画材:水彩

イギリス生まれのAmanda Harveyは、10代の頃にアートを勉強するも一旦やめて、子供が生まれた後にChelsea School of Artへ入学。イギリスのマザーグース賞を受賞したこともある絵本作家。

今日の朝、まったく思いもよらぬことが発生した。ルーシーと彼女の小さな妹が子猫を家に連れてきたんだ。にゃーにゃーしている毛玉をずっとちやほやしてる。どうして子猫なんかがいるんだい?僕がいるじゃないか!子猫がああした、子猫がこうした。僕のことなんかすっかり忘れてる。僕の朝ごはんだって忘れちゃって・・・アメリカの対象年齢は3歳以上。犬のオーティスが子猫の突然の出現にぶつぶつ文句を言いながら家出をします。

大切なもの、忘れられないもの、新しいものや珍しいもの等の優先順位を自分の中で入れ替えながら生きていく訳ですが、何事にも惑わされずにお気に入りのものと毎日過ごしたいものです。なんとかとなんとかは新しい方が良いとも言いますけれど、惑わされずに・・・えーと。

スポンサーサイト


追記を読む

2013-04-30(Tue) 00:00| - 迷子/家出/放浪/野良| トラックバック(-)| コメント(-)

いいないいなイヌっていいな

The Cat Barked?
The Cat Barked?
(1999/04/01)
Lydia Monks
商品詳細を見る

いいないいなイヌっていいな/The Cat Barked?
イラストレーター:Lydia Monks/リディア・モンクス
メイン画材:アクリル、色鉛筆、コラージュ

「世界で一番こわい怪物/Scariest Monster in the Whole Wide World」で紹介したイギリス生まれのLydia Monksは、キングストン大学イラストレーション科を卒業。フリーランスとして新聞社などで活躍した後に絵本を制作しようと決め、描いたのが「いいないいなイヌっていいな/The Cat Barked?」。1999年にイギリスの子供たちが選ぶスマーティーズブロンズ賞/ネスレ子どもの本賞を受賞したこの絵本が彼女のデビュー作品。旦那様はイラストレーターのFrazer Hudson。

犬だったら良かったのに。犬は楽しいことばかりだもの。もしも僕が犬だったら、公園に行くよ。空に向かって遠吠えしたり。家を守って泥棒を捕まえる。映画や本では犬はいつでもヒーローだしね。僕が犬だったら良かったのに!と、猫が思っていると飼い主が言います。バカな猫さん、もしも願いが叶ったら、君がしたくないこともしなくてはいけないのよ。犬は骨を食べなくちゃいけないし・・・アメリカ、日本共に対象年齢は4歳以上。

シンシア・ライラントの「Cat Heaven」と「Dog Heaven」のように、「いいないいなネコっていいな」の絵本もあるかと思ったのですが、無いようです。

ここ数ヶ月、毎日家の前の芝生で遊ぶ小さな猫を観察しています。朝も昼も夜もいるのでいつも観察しています。観察しているうちに大きくなってきました。その内に他の猫も集まって来て合計3匹になりました。全員が揃うことはないのですが、入れ替わり立ち替わり必ず猫がいます。芝生に集まる理由が何かあるようです。

追記を読む

2013-04-10(Wed) 03:14| 西洋:現代創作| トラックバック(-)| コメント(-)

すてきな子どもたち

Roxaboxen
Roxaboxen
(2004/04/13)
Alice McLerran
商品詳細を見る

すてきな子どもたち/Roxaboxen
イラストレーター:Barbara Cooney/バーバラ・クーニー
メイン画材:アクリル、プリズマカラー(色鉛筆)

以前「ルピナスさん―小さなおばあさんのお話/Miss Rumphius」で紹介したBarbara Cooneyは、1917年にブルックリンのボサート・ホテルで双子の一人として生まれる。バーバラはスミス大学にて美術史を専攻、1938年に卒業。 エッチングとスクラッチボード、ペンとインクなどの画法を経て、コラージュ、水彩、アクリル絵具等を使用、その後はシルクキャンバスと混合技法に。 スミス大学在学中に作った自身の作品集はとてもカラフルなものだったのに、編集者にモノクロでイラストを描くほうが良いとアドバイスをされ、北斎とビアズリーの作品を参考にしたそう。

その場所をマリアンはロクサボクセンって呼ぶの(マリアンは全てのものの名前を知ってる)。道路の向こう側の石ころだらけの丘は、石と砂と古い木の箱とトゲトゲの木以外は何も無いけど、とっても特別な場所。そこにはもちろんマリアンの姉妹もやって来る。アナメイ、フランシス、そしてリトルジーン。チャールズはお隣さん、彼は12歳だけどね。他にもたくさんのお友達がいたけど、もちろんマリアンたちがロクサボクセンを一番に見つけたんだ。まあ、一番の一番じゃないけどね、だってロクサボクセンはずっと前からそこにあったから、随分前には他の誰かの場所だったに違いないんだ。ある日、マリアンが小石の詰まったブリキの箱を見つけた。みんなはすぐに分かったんだ、それは埋められた宝箱だってね。この小石はロクサボクセンの通貨。ロクサボクセンの丘は子供達の町になる・・・アメリカの対象年齢は4歳以上。

アメリカ、アリゾナ州のユマにあったと言うロクサボクセンの丘の思い出話。マリアンの子供はロクサボクセンのお話を聞きながら眠り、チャールズは海辺の小石を見てはロクサボクセンを思い出します。そして50年後、再びロクサボクセンを訪れたフランシスには、あの頃にあったはずのいろいろなものをまだその心に見ることが出来ます。

何も無い丘での楽しいごっこ遊びの挿絵はとても大変で、バーバラは2度も砂漠を訪れ、作家の叔母フランシスの思い出に助けられ描き終えたとか。

記憶は心の中に、思い出は永遠に・・・とはいかず、いずれ人は死なねばならず、思い出はその人と共に消えてしまいます。地球がある限りは場所だけが残り、いつか思い出す人のいなくなったその場所にまた誰かの思い出。楽しい思い出、悲しい思い出、君の思い出、私の思い出、やがて消えて無くなる儚きものよ。

Barbara Cooney, 1917-2000:
She Created Many Popular Books for Children


追記を読む

2013-04-05(Fri) 13:48| - 故郷/スウィートホーム| トラックバック(-)| コメント(-)


    絵本のたまご

    ikuko

    Author:ikuko
    アメリカ在住

    Color My Art by Ikuko

    リンクへの追加は報告不要です

    Amazon stores

    Sophie's Masterpiece: A Spider's Tale

    Fairy tales

    • 眠れる森の美女
      Sleeping Beauty/眠れる森の美女
    • 白雪姫
      Snow White: A Tale from the Brothers Grimm/白雪姫 グリム童話
    • シンデレラ
      Cinderella/シンデレラ
    • 髪長姫 / ラプンツェル
      Rapunzel (Caldecott Medal Book)/ラプンツェル
    • 長靴をはいた猫
      Puss in Boots (Caldecott Honor Book)ブーツをはいたネコ
    • 白雪姫と七人のこびと
      Snow-White and the Seven Dwarfs (Sunburst Book)/白雪姫と七人のこびと

    How to draw illustrations

    How to make picture books

    • Robert Sabuda
      Peter Pan: A Classic Collectible Pop-up/ピーターパン 飛び出す絵本
    • Rufus Butler Seder
      Gallop! (Scanimation Books)/ギャロップ!! (しかけえほん)
    • Nathaniel P. Jensen
      Desert Night Shift: A Pack Rat Story
    • David Wiesner
      Flotsam (Caldecott Medal Book)

    Links

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。